メディキュットのサイズと選び方!シリーズやタイプでサイズも変わる?

着圧ソックス

メディキュットのサイズと選び方!

手軽にリンパケアができることで有名な着圧ソックス・メディキュット。
でも、「メディキュットが欲しいけどサイズの選び方が分からない!」という声も耳にすることが多かったり…。

そんな方のために、この記事ではメディキュットのサイズの選び方について解説していきます!

「サイズ表を見ても自分に合っているか分からない」という人や、「身長が大きい・小さいから長さが合うか不安」という方は必見!

メディキュットのサイズの選び方に迷った時は、是非この記事を参考にして、自分にピッタリのメディキュットを選んでください♪

メディキュットのサイズ表

メディキュットには「寝ながら」「おうちで」「おそとで」など、色々なシリーズがあります。
その中でも「ショート」「ロング」「スパッツ」など、色々なタイプがあります。

「シリーズやタイプによってサイズも変わる?」と不安に思うかもしれませんが、実はメディキュットのサイズの選び方は簡単!

まずは、メディキュットのサイズ表を見てみましょう!

サイズがM・Lの場合のサイズ表(cm)
測定部位/サイズ M L
身長 150-160 155-165
ウエスト 64-70 69-77
ヒップ 85-93 90-98
太もも 43-49 47-53
ふくらはぎ 30-38 34-42
足首 19-23 21-25
足のサイズ 22-24 23-25

着圧ソックス・スパッツ・レギンスなど、「M・Lサイズ」で展開されている商品は上記の表が適用されます。

多くのメディキュットの商品は、上記のサイズ表が適用されます。
ただし、「ショート」「ロング」「スパッツ」などのタイプの違いによって、この表の中で目安とする箇所が異なります。

自分が欲しいタイプがどの箇所を目安にすれば良いかは各商品のパッケージ(箱)に記載されていますので、サイズ選びの際に参考にするようにしましょう。

サイズがM-L・LL-Lの場合のサイズ表(cm)
測定部位/サイズ M-L LL-L
身長 150-160 155-165
太もも 43-49 47-53
ふくらはぎ 30-38 34-42
足首 19-23 21-25
足のサイズ 22-24 23-25

ストッキングなど、「M-L・LL-Lサイズ」で展開されている商品は上記の表が適用されます。

骨盤ガードルのサイズ表(cm)
cm M LL
ウエスト 64-70 69-77
ヒップ 87-95 92-100

メディキュット 骨盤サポート ヒップアップガードルは、上記の表が適用されます。

正しくサイズを測るようにしよう!

メディキュットのサイズ表には、「ふくらはぎ」「太もも」など、サイズ選びの目安となる箇所が記載されています。
自分の足のサイズとサイズ表を照らし合わせて正しいサイズを選ぶことで、メディキュットのサイズを選ぶことになるのですが…。

自分の足のサイズが正しく測れていなければ、メディキュットのサイズも間違った選び方をしてしまうことになります。

上手に自分の足のサイズを測るためには、以下のことに注意するのがポイントです!

  • 真っ直ぐに立って踵を合わせて測る
  • ウエストは、一番細いところを測る
  • ヒップは、一番ふくらみが高いところを測る
  • 太ももは、一番太い部分を測る
  • ふくらはぎは、一番太い部分を測る

上記のことに気を付けて、自分の足の各部分のサイズを測定するようにしましょう!

メディキュットのサイズの選び方

メディキュットのサイズの選び方について解説します。
メディキュット公式サイトのQ&A(よくある質問)には、以下のような解答があります。

「サイズの選び方がわかりません。」

メディキュットは原則として、足首周囲の寸法でサイズが決まります。
MとLサイズの両方のサイズに該当する場合は、ひざ下、ロング、ハイソックス、ストッキングショートタイプ、寝ながらメディキュットの場合は「足首」、スパッツ、ストッキングパンストタイプは「身長」が各サイズの中央値に近い方のサイズをお選びください。

というわけで、メディキュットのサイズの選び方は、原則として“ 足首周囲の寸法 ”を目安としてサイズ選びをするようにします。

だからといって、足首だけ寸法を測ってサイズ選びをするのはNG!
しっかり自分の足の各部位のサイズを測ってサイズ選びをするようにしてくださいね!

もし、どちらのサイズにも当てはまる場合は、以下を参考にサイズ選びをすると良いと思います♪

キュッとした、しっかり引き締める感じが好き → Mサイズがおすすめ
苦しい締め付けは苦手で、ゆったり履きたい → Lサイズがおすすめ
初めての着圧グッズなので、選び方が分からない → サイズの中央値に近い方を選ぶ

メディキュットのサイズの選び方の失敗例

この項目では、ネット上で見つけたメディキュットのサイズの選び方の失敗例を紹介します。
同じような失敗が起きないように経験者の口コミでの評判を参考にしてみましょう!

サイズの選びの際に、身長だけを目安に購入してしまったようですね…。
同じような失敗をしないためには、身長だけでなく足の他の部位の寸法もしっかり測るようにしましょう!

こちらの失敗談は、「サイズ展開があることを知らなかった」という例ですね…。
メディキュットはシリーズやタイプによってサイズ展開も異なります。
購入前にパッケージに記載されているサイズ・サイズ表をしっかり確認するようにしましょう!

購入以前の問題に、「サイズが適応外だった」ということもあるようです…。
自分の足のサイズがメディキュットのサイズに適応しているか、しっかり確認する必要がありますね!

自分より大きいサイズを購入してしまうと、メディキュットの効果が得られないことも…。
ちゃんと美脚・むくみ改善効果を得るためには、自分の足にピッタリ合うサイズを購入することがポイントです!

小さいサイズを無理やり履くと、このような残念な結果を招くことも…。
無理に引き伸ばして履くと生地の劣化にも繋がるので、適切なサイズ選びが大切ですね!

メディキュットのサイズの選び方の失敗例まとめ

メディキュットのサイズの選び方の失敗例で、多かった内容をまとめてみます!

  • サイズ展開があることを知らなかった
  • 小さめのサイズを買ってしまった
     (破けてしまった、キツ過ぎて履けなかった、長さが足りなかった、など)
  • 大きめのサイズを買ってしまった
     (着圧効果を感じられなかった、長さが余ってしまった)
  • 自分の足がサイズ適応外だった

このような失敗を招かないためには、“ 適切なサイズを選ぶこと ”が重要になります!

メディキュットを買う時は、自分の足の寸法を測ってから、しっかりサイズを確認するようにしましょう♪

メディキュットのサイズの選び方を間違えるとどうなる?

もしメディキュットのサイズの選び方を間違えてしまうと、大変なことになってしまうことがあります!
最悪の場合、体調を崩してしまうなんてことも…。
そうならないように、メディキュットのサイズの選び方を間違えてしまうとどうなってしまうのかを解説しておきます!

自分よりも大きいのサイズを選んでしまった場合

自分よりも大きいサイズのメディキュットを選んでしまった場合、“ メディキュット本来の効果を得られない ”ことがあります。

メディキュットのサイズが大き過ぎる場合、脚に着圧がしっかり掛からないことがあります。
それではメディキュットの着圧効果を得ることはできません。

その結果、“ 美脚効果を得られない ”“ むくみが改善されない ”など、メディキュット本来の効果を得られなくなってしまうのです。

せっかくメディキュットを買ったのに、効果が得られなかったら意味がないですよね!
サイズ適応内で大きめを選ぶなら問題はありませんが、しっかり自分の足の寸法に合わせてサイズ選びをするように心がけましょう!

自分よりも小さいのサイズを選んでしまった場合

自分よりも小さいサイズのメディキュットを選んでしまった場合、“ 血行不良や痺れなど、健康を害する恐れがある ”ので注意が必要です!

少しでも多く効果を得たいからといって、小さ過ぎるサイズを選ぶのは絶対にNGです!
強すぎる締め付けは、血行不良や痺れ、皮膚の変色など、健康を害する恐れがあります!

また、使用後にかえってむくんでしまったり、血管が浮き出てしまうなど、悪い影響が起きる可能性があります。
もし小さいサイズのメディキュットを選んでしまって体に異変を感じたら、すぐに使用を中止するようにしてください。

メディキュットを履いて美脚になるどころか健康を害してしまったら大変!
着圧効果を得たいからといって、無理して小さいサイズを履くのは絶対にNGですよ!

正しいサイズの選び方でメディキュットの効果を得よう!

というわけで、この記事ではメディキュットのサイズの選び方について解説してきました!

この記事を読んで、「サイズ選びが難しい」と思っていた方も、メディキュットの適切なサイズ選びができるようになってくれたら嬉しいなと思います♪

メディキュットのサイズの選び方のポイントをおさらいすると…。

  • 自分の足の寸法を計測して、サイズ表と合わせる
  • メディキュットを購入する際は、パッケージのサイズ表を絶対に確認する
  • 自分のサイズに合わないメディキュットは使用しない

上記のことを守れば、きっとメディキュットの効果で美脚になれると思います♪

もし自分のサイズに合わないメディキュットを使用すると、十分に効果が得られないどころか、悪影響となる可能性もあるので要注意です!

正しいサイズの選び方でメディキュットの効果をしっかり得られるようになりましょう♪